【would’ve VS wouldn’t have】肯定文と否定文イントネーションの違い

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー19名が在籍
・英語習得の近道は、近道を模索しないこと

can VS can’t の違い

I can do it
/ai kun doo it/
I could do it
/ai kud doo it/
You should do it
/yu shud doo it/

I can’t do it
/ai kyant doo it/
I couldn’t do it
/ai kudnt doo it/
You shouldn’t do it
/yu shudnt doo it/

リスニングチェック

肯定文     否定文
would’ve been VS wouldn’t have been

We … able to make it
肯定?否定?どっちで発音したでしょう?

would’ve been VS wouldn’t have been

We would’ve been able to make it
/wi woo duv bin nei bul tu mei kit/
「(〜だったら)出来ていただろう」

We wouldn’t have been able to make it
/wi woo dun nuv bin nei bul tu mei kit/
「(〜だったら)出来ていなかっただろう」

could’ve been VS couldn’t have been

It could’ve been worse
/i koo duv bin wers/
「不幸中の幸いだった」

It couldn’t have been better
/i koo dun nuv bin be ter/
「最高だった」

should’ve been VS shouldn’t have been

I should’ve been more careful
/ai shu duv bin mor keir ful/
「もっと気をつければよかった」

You shouldn’t have been there
/yu shu dun nuv bin their/
「あなたは行くべきじゃなかった」

フレーズエクササイズ

I would’ve come if I had known you were there.
I wouldn’t have come if I had know you were there.

Thank god, you are safe! It could’ve been worse.
The show was awesome. It couldn’t have been better.

I should’ve bought it before it’s sold out.
I shouldn’t have bought it without knowing well.

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 449 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.