【TOEIC600以上向け】喉奥発音でリスニングを攻略するエクササイズ

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー19名が在籍
・鯵のなめろうが食べたい!

英語は口発音ではない

・口の形ばかり真似ても英語らしい音は出せない
・英語は声の出し方そのものが異なるから
・日本語は口先、英語は喉奥で声を響かせる

リスニングチェック

難易度:中級(TOEIC600以上)
先進諸国で出生率が大幅に下がっているお話

喉奥発声トレーニング

①あくびをして喉奥を広げる
②ソフトパレットに息を当てる(hの位置)
③hの位置で声を響かせる

<エクササイズ>(色んな子音でチャレンジ)

hhh〜(5秒)
hah〜hah〜hah〜hah〜(1秒間隔)
hah ha, hah ha, hah ha, hah ha, (強弱つけて)

フレーズエクササイズ

①英語は息を止めない
②ストレスを中心に強弱の波を描く

Now probably because
/nau prah buh bli bi kahz/

I’ve been drowning in small people lately,
/aiv bin drau ning in smal pee pul leit li/

I’ve been paying close attention
/aiv bin peing klous uh ten shun/

to a particular headline.
/tua per ti kyu ler hed lain/

It seems around the world, in developed countries,
/it seemz uh raund the werld,
in di ve lupt kun treez/

people are having fewer babies.
/pee pul ar ha ving fyu er bei beez/

From North America to Europe to China to Japan,
/frum north uh me ri kuh, yer rup
tu chai nuh tu juh pan/

there’s actually been a consistent decline in birth rates.
/therz ak chua li bin uh kun sis tunt
di klain in berth teits/

In fact, over the past 50 years,
/in fakt, ou ver the past fif tee yeerz/

the global fertility rate has halved.
/the glou bul fer ti li i reit haz havt/

※fertility rate: 一人の女性が産む子供の数の平均値

➡️ 再度同じシーンを観てみましょう!

まとめ

・英語は喉奥を広げて発音すれば断然通じる
・息は常に漏れた状態で口を動かす
・フレーズ全体の発音を意識せよ
・強弱の波がある(ストレス・アンストレス)
・重要な単語にはストレスが置かれる
・ストレスを中心に聞き取れば意味は分かる

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 466 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.