【どの発音矯正が良い?】英語は喉奥広げて発音すれば断然通じるようになる

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー19名が在籍
・幼馴染3人で家島諸島で釣りしたが惨敗…

英語は口発音ではない

・口の形ばかり真似ても英語らしい音は出せない
・英語は声の出し方そのものが異なるから
・日本語は口先、英語は喉奥で声を響かせる

どの発音矯正が効果的か?

巷には様々な発音矯正メソッドが存在するが、
一番リスニングが伸びたものがあなたに向いている

①Phonics + 発音の位置【必要】
②完璧な口の形、舌の位置
③ネイティブ指導のただ真似
④英語のボイトレ【ドクターD】

リスニングチェック

・中3で英語が得意であれば分かるレベル
・英検準2以上
・TOEIC500以上は必要

喉奥発声トレーニング

①あくびをして喉奥を広げる
②ソフトパレットに息を当てる(hの位置)
③hの位置で声を響かせる

<エクササイズ>(色んな子音でチャレンジ)

hhh〜(5秒)
hah〜hah〜hah〜hah〜(1秒間隔)
hah ha, hah ha, hah ha, hah ha, (強弱つけて)

①英語は息を止めない
②ストレスを中心に強弱の波を描く

hah ha, hah ha, hah ha

I’m an exhausted dad.
/aim un eg zahst ed dad/

Currently owned and dominated
/kur rent li oun dun dah muh nei ded/

by two mini dictators
/bai too mi ni dik tei trs/

who rule my life with an iron fist
/hu rool mai laif with an ai run fist/

while wearing their Huggies diapers.
/wail weir ing thier huh geez dai prz/

⇒ 再度同じシーンをご覧ください

まとめ

・英語は喉奥を広げて発音すれば断然通じる
・息は常に漏れた状態で口を動かす
・フレーズ全体の発音を意識せよ
・強弱の波がある(ストレス・アンストレス)
・重要な単語にはストレスが置かれる
・ストレスを中心に聞き取れば意味は分かる

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 466 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.