【初心者必見】発声とリズムで英語発音の基礎を作れ【Sesame Street】

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー19名が在籍
・カニや貝類がうまい季節になりました

Sesame Streetとは

1969年から全世界で放送されている
アメリカの教育番組で主に人形劇。

非常にシンプルな内容で小学生向けと言えるが、
英語学習者の大人も英会話の基本表現が学べる。

今回はこれを使って「発音練習」を行う

英語発音の基本を押さえる

<喉奥で発声>

1.あくびをして喉の奥を広げる
2.息を常に吐き出しながら発音

ah〜ah〜ah〜ah〜
rah〜rah〜rah〜rah〜
All right.

<ストレスでリズム>

1.意味の強い単語を強調、それ以外は脱力発音
2.強調・脱力が交互に来ることでリズムが生まれる
重要:理屈よりも発音リズムを意識して真似る

Gordon your salad is ready
/Gor dun yor Sal ludz Re dee/

Exercise

What’s extinct?
/Wuts iks Tinkt/

Well it means that
/Wel i(t) Meenz that/

there aren’t any dinosaurs any more.
/their Arn(t) e ni Dai nu sorz e ni Mor/

Oh well no wonder
/Ou wel nou Wun der/

I haven’t seen one
/ai Havn(t) Seen wun/

in 65 million years
/in Siks tee Faiv Mil liun Yeerz/

I was beginning to wonder
/Ai wuz bi Gin ning tu Wun der/

Hey what are you doing on Sesame Street?
/Wut ar yu Doo ing ahn Se sa mi Street/

Oh just having lunch
/Ou jus(t) Hav ing Lunch/

Mmm this tree is delish.
/this Tree iz de Lish/

Oh well, that’s not a tree
/Ou wel, thats Nah da Tree/

That’s a salad.
/thats uh Sal lud/

まとめ

<喉奥で発声>
1.あくびをして喉の奥を広げる
2.息を常に吐き出しながら発音

<ストレスでリズム>
1.意味の強い単語を強調、それ以外は脱力発音
2.強調・脱力が交互に来ることでリズムが生まれる
重要:理屈よりも発音リズムを意識して真似る

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 487 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.