【ガチで変わる】ストレス音節を強勢ではなくリズムで捉えると発音が変わる!

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー22名が在籍
・慢性鼻炎持ちで常に鼻声です

この動画で得られるスキル

ストレス音節を強弱では無くリズムで捉えると、
・発音がなめらかになる
・英語を聞き取るコツがつかめる
・英語の歌が上手になる

ストレス音節とは?

英単語には必ずストレス音節が存在する

\\\ Cambridge Dictionary参照 ///
improve /ɪmˈpruːv/
pronunciation /prəˌnʌn.siˈeɪ.ʃən/

ストレス音節の捉え方

単語を連続させて発音してみよう!

①ストレス音節から始まるかの様に発音する
②ストレス音節の子音を前のめりに発音
③ストレス音節の長さを大体揃える

improve (x 3) prove prove im-prove
pronunciation (x 3) ation ation pronunci-ation

エクササイズ

1. about about about
an hour an hour an hour
ago ago ago

“It was about an hour ago”

2. exchange (x 3)
ideas (x 3)
and information (x 3)

“Lets exchange ideas and information”

3. the lack of (x 3)
situation (x 3)
awareness (x 3)

“That’s because of his lack of situation awareness”

4. magnificent (x 3)
aquarium (x 3)
in Japan (x 3)

“This is one of the most magnificent aquariums in Japan”

5. develop (x 3)
fantastic (x 3)
relationships (x 3)

“You guys could develop fantastic relationships”

まとめ

英語はストレス音節をリズムで捉えると
発音がもっとスムーズになる。

“It was about an hour ago
“Lets exchange ideas and information”
“That’s because of his lack of situation awareness”

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 520 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.