発音が変化するリンキング現象は実は単純明快、ネイティブの気持ちが分かる

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー20名が在籍
・自分で切り開いた道は楽に感じる

今回のレッスン

リスニングの難関、発音が変化するリンキング
その原理が分かれば単純明快

1. リンキングとはどういう現象?
2. なぜ発音が変化する?
3. 押さえておきたいリンキングパターン
4. 応用練習

リンキングの現象

What are you doing?
単語単位の発音⇒/ wut ar yoo doo ing /
実際の発音⇒/ wuh ra ya duen /

Give it up
単語単位の発音⇒/ giv it up /
実際の発音⇒ / gi vi dap /

なぜ発音が変化するのか?

英語は圧倒的に子音終わりの単語が多い
これらは音をつなげないと発音しづらい

Wait at the bus stop

出来るだけ声を止めずに発音しようとすると
wait at ⇒ / wei dat /
at the ⇒ / a(t) the /
bus stop ⇒ / bus tahp/

押さえておきたいリンキングパターン

①子音と母音は同化する
Tap it ⇒ / ta pi(t) /

②語尾の子音はミュート気味
Take that ⇒ / tei(k) tha(t) /

③音声変化(Flap T & Drop H)
You got to meet him ⇒ / yu ga ra mee dim /

応用練習(桃太郎の一節)

*解説は動画を御覧ください

The old woman brought the peach home and cut it up to share with her husband. To their great surprise, a healthy baby boy came right out of the peach! The old couple said, “Letʼs name him Momotaro, the Peach boy, as he was born from a peach.” They brought him up with love and care.

まとめ

英語は子音で終わる音が多いため、
単語一つ一つをはっきり発音すると
音が詰まって発音しづらい。

そこで声をダラダラ垂れ流した状態で
発音した結果、音がなめらかにつながり
発音しやすくなる。

対応するコツは出来るだけフレーズ全体で
どういう発音しているかをよく聞いて真似ること。

ネイティブの気持ちになって発音しようとすると
徐々にコツが掴めてくる。

アバター画像
About Dr.D 594 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTuber歴10年以上。趣味はカヤックフィッシングで平均週3で魚釣りをしている。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.