【自然なアクセントの置き方】ストレスのリズムが分かるとネイティブ発音が聞き取れる

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約900名、発音トレーナー18名が在籍
Stealth Profisha 575 Carbon乗ってます

今回の要点

英語はアクセントをリズム的なアプローチで捉えると、より自然な発音になりリスニング力が上がる

①英語はアクセントが重要な理由
②ストレスのリズム感
③Stress-timed Rhythmの練習
④SUITSのセリフで応用練習

英語はアクセントが重要

I’m trying my best
to improve my pronunciation skills.

この様に英語は意味を持つ単語(内容語)に
ストレス(強勢)を置いて発音される言語

ストレスのリズム感

ストレスは英語独特の言語リズムを作っている

I’m trying / my best / to improve / my skills /

この様にストレスを中心とした単語の集まりが
大体同じ長さで発音される。
これをStress-timed Rhythmという。

Stress-timed Rhythmの練習

ストレスを頭拍で捉えてみよう
声は出しっぱなしで同じフレーズをループさせる

I’m trying x3
my best x3
to improve x3
my skills x3
⇒I’m trying my best to improve my skills

SUITSのセリフでリズム練習

He’s gonna lose everything
because of me.
Donna, you never know
how these hearings will go.
You know, the worst part is
I don’t even know
why I did it anymore.

まとめ

自然な英語のアクセントとは、単なる強弱ではなく
もっとリズム的な要素が大きい。

このStress-timed Rhythmが分かると、
ネイティブ発音がもっと聞き取れるようになる。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Avatar photo
About Dr.D 535 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTubeでは古株英語系YouTuberの一人だが登録者数はイマイチ伸びず未だ7.5万人(2022年時点)。趣味はカヤックフィッシングで連日大物を釣り上げ冷凍庫は常に魚でいっぱいです。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.