【音読コツ】あることを意識するだけで英語の音読が変わる

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・「ドクターDイングリッシュ」の創立者
・生徒数1000名、発音トレーナー18名在籍
・薪ストーブが楽しい季節になりました

今回の概要

音読で全部の単語をハッキリ発音してはイケない。英語はメリハリが重要。

・英語のメリハリの仕組みを解説
・メリハリをつける発音エクササイズ
・短い音読に挑戦!

英語のメリハリの仕組み

日本語は音節(シラブル)を同じ強さで発音

英語は強い音節と弱い音節に分かれる

英語は、内容語にストレスを置き、それを補助する機能語は軽く発音する。
この強弱の波が英語のメリハリで、これにより効率良く内容が相手に伝わる。
Now I’m starting to learn.

ストレスを置くエクササイズ

各塊を3回発音した後にフレーズで発音

about | an hour | ago
I have’t | gone fishing | for a while
I’ve been | waiting for him | for an hour
develop | fantastic | relationships
exchange | ideas and | information

短い音読に挑戦

意味の区切りストレスを意識しよう

Under the sun’s golden glow, Jake cast his line into the azure depths, seeking the elusive snapper. The sea whispered its secrets as gentle waves rocked the boat.

Patiently, he waited, feeling the rhythmic pull of the ocean. Suddenly, a powerful tug on the line signaled a battle between man and snapper. With skill and determination, Jake wrestled the vibrant, red-hued fish aboard.

まとめ

音読するときは、
・意味の区切りをハッキリさせる
・ストレスを分かりやすく発音
・コツは波を描くように発音すること
そうすることでしっかり意味を込めた上手な音読になる。

アバター画像
About Dr.D 590 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTuber歴10年以上。趣味はカヤックフィッシングで平均週3で魚釣りをしている。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.