リズムを付けて英語を音読する方法

今回の動画のトピックは音読する時に「どうやって英語のリズムをつけるのか」についてお話しています。

まず「英語のリズムってどの様になっているのか?」について見ていきましょう。

英語のリズムの仕組み

英語のリズムはストレスで拍を取るように発音されることで生まれます。ちなみにストレスはこのように乗ります。

I’ve been thinking of going on a great travel adventure”(太字がストレス)

英語のリズムではこれらストレスの部分が頭拍に乗ります。そしてアンストレス(ストレスを置かない部分)が裏拍にまわります。

これらが交互に発音されることで英語らしいリズムが生まれます。

どの単語にストレスを置く?

そしてストレスを置く単語は内容語という独立性のある単語です。このフレーズの場合だと、「I, thinking, going, great, travel, adventure」にストレスを置いています。

ストレスを置かない単語は?

そしてストレスを置いていない単語は「have,been,of,on,a」で、基本単独では成り立たない補助的な単語です。

ストレスとイントネーションは違う

よくストレスやアクセントとイントネーションを同じ様に捉えてしまっている方がおられますが、これらは別物です。

ストレスは単語の決まった場所に置かれるもので、イントネーションはストレスのリズムのさらに上に乗る感情の波のようなもので、特に決まりはありません。自分が強調したい言葉を強調します。

音読でリズムを安定させて読むには?

今回の動画ではReading Explorerを使用しています。このストーリー本はかなり幅広い教養が得られ、ボキャブラリも幅広く得られることが出来るためレッスンでも結構使用したりしています。

今回の動画で紹介している練習方法は、まず「ストレスを置く単語」のみを抜粋してつなげて読みます。

そしてそのリズムが安定した後でそれ以外の単語も入れて全体を読みます。ポイントはストレスワードを安定させたら、その安定感を崩さずにそれ以外の単語を滑り込ませることです。

この方法で練習すると、英語においてストレスがどのくらい大切かがよくわかります。ストレスワードを並べて発音した時点で、すでに8割くらい完成してしまっているのが分かります。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.