英語は母音を置いた所がアクセントとなるので母音は部分的に発音する

how-to-improve-english-pronunciation

英語は母音をハッキリ発音すると

それがアクセントとなる!

 

日本語では常に

母音を絡ませながら発音しますが、

英語の場合は

母音は部分的にしか乗せません。

 

基本的には

母音をハッキリ置いた箇所が

アクセントとなると思って下さい。

 

なので必要以上に

母音を乗せすぎると、

アクセントだらけの

的を得ない発音になります。

 

アクセントの乗らない音は

全てボトムエリアで

曖昧に短く発音し

子音で音を繋ぎます。

 

【練習ポイント】

アクセント(太字)には

しっかり母音を乗せ、

それ以外はボトムエリアで

曖昧に発音する。

 

ブレスはフレーズを通して

安定して吐き続けましょう。

 

【例文】

I ate an apple this morning.

ahy – ey – den – na – pul – this – mor – ning

※アクセントが絡まない[t]は、

音をスムーズに繋ぐため、

[l]や[d]のように発音されます。

 

I usually walk to school.

ahy – yoo – juh – li – wawk – tuhs – kool

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 377 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.