It is../This is..の[s]を濁音化させてはならない理由

Voiceless Consonants(無声子音)

Voiced Consonants(有声子音)

について。

 

英語の子音には無声音有声音があります。

 

無声音とは[s][p]など声を伴わずに

ブレスのみで発音される子音で、

 

有声音とは[z][b]など、

声を伴う子音の事です。

 

ここでよく勘違いされるのは

有声子音は日本語の濁音の感覚で

発音されてしまうことです。

 


(悪い例)

It is a …「イティ イズアー」

(良い例)

It is a …「iti – is(←ブレスのみ) – zuh」

 

ここではisの[s]自体は濁らずに、

その次の母音、[a]に掛る時に

始めて音が濁ります。

 

楽にブレスが漏れる程度に声を軽く重ねましょう。

音が濁ると、必ずそれが余計な音となり、

次の音にスムーズに繋げることが出来なくなります。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.