真央ちゃん(浅田真央)の英語力(発音) 2016年ボストンでの英語インタビューより

スクリーンショット 2016-04-06 12.25.29

先日のボストンでの世界選手権、

真央ちゃんは7位でした。

なかなか難しいもんですね。

真央ちゃんの滑りはとてもしなやかで

花があって好きなんですけど。

 

試合中に彼女の英語でのインタビューがあったので、

ちょっと彼女の英語力(発音)について、

見てみたいと思います。

 

これがその英語インタビュー映像です。

【インタビューの内容】

Interviewer: How did it feel your skate today?

Mao: Today I feel very good!

Interviewer: What do you think of the rest of your competition?

Mao: れst?

Interviewer: The rest of your competition, do you think you gonna be higher?

Mao: Ah… I don’t know. But today my performance was really good. So just I was really happy now. So doesn’t matter what the score was and what the uh… わかんない…

asking a lady some English words she means…

Mao: I’m not care about the point or ranking!

 

ちょっと緊張してるせいか、めちゃめちゃ片言でしたね(笑)

普段リラックスしている時はもう少し話せるんだと思います。

たぶん・・・

 

話している内容からして、

真央ちゃんの英語力はあまり高くはないようです。

旅行程度ならなんとかなるレベルって感じがします。

 

そして発音も完全に日本語ベースで英語を話しています。

Butぉ〜 todayぃ〜 my performanceぅ〜 wasぅ〜

みたいな感じで、余計な子音と母音が混合しちゃってます。

 

彼女はアメリカのリンクでずっと練習してたり、

また世界中で活躍し、

英語でのコミュニケーションの機会も多かったと思うのですが、

これだと通訳無しでのコミュニケーションは

結構大変だったと思います。

 

Dr.D
About Dr.D 345 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。