発音が通じなかった時どうする?同じ言葉を丁寧に言い直しても通じないのはどうして?

海外旅行やまた、海外にお住まいになっていた方でしたら一度はこういう経験があるのではないでしょうか?

 

例えばお店などで、英語で話しかけてみた時。

あなた:May I borrow the bathroom?

スタッフ:Pardon me?

あなた:AH… MAY I BORROW THE BATHROOM?

スタッフ:Uhmmm sorry, are you looking for something?

あなた:BATHROOM!!!

スタッフ:Mushroom?

あなた:\…( ̄△ ̄;)オイ!なんでやねん!

 

こんな時、どうしたらいいんでしょうか?

 

一度通じなかった表現や単語はたとえ丁寧に言い直したとしても、そう簡単に通じるものではありません。こういう時はすかさず違う表現で言ってみましょう。

 

こんな感じで、

あなた:May I borrow the bathroom?

スタッフ:Pardon me?

あなた:Ah.. Can I use the Restroom?

スタッフ:Uhmmm booze? You mean more drink?

あなた:No!! Restroom!!

スタッフ:Oh, it’s right there on your right.

スクリーンショット 2016-04-08 17.49.11

こんな感じでたとえ片言でも、また違った言い方で言えば通じる確率が上がります。で、3パターン言っても通じなかったらジェスチャーで。

 

ではどうしてもう一度丁寧に言い直しても通じにくいんでしょうか?

 

それは日本語と英語で「丁寧な発音」の感覚が恐ろしいほど違うからです。日本語で丁寧はっきりというと、一語一句しっかりと母音を絡めて発音されること。

誰かと話していて、聞き取ってもらえなかった単語をもう一度いう時のことを考えてください。きっと「だ〜か〜ら〜」みたいな感じで、母音をしっかりと伸ばすようにして発音するはずです。

しかーし!!英語はそうではありません。英語の丁寧はっきりとは「アクセントがどれだけ際立っているか」です。日本語のように母音を全部伸ばしてはっきり発音してしまうと肝心のアクセントが埋もれてしまい、余計に聞き取りにくい発音になってしまうわけなんですね。

 

なので発音を頑張らずに、いっそのこと違う言い方にしちゃった方が通じやすくなるわけです。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ