アメリカンアクセントのTの発音「ストップT」

前回に引き続きアメリカンアクセントでのTの発音の変化についての動画をアップしました!今回は「ストップT」といってフレーズの中でTを止める発音についてです。

Tの発音は通常の舌をFlick、弾いて発音するものに加え、舌をFlap、軽く口蓋に当てて発音するもの、さらに舌をStop、止める発音のものがあります。今回はこの「舌をStopさせる」発音についてお話しています。

例えば、It works!のTは発音せず音を止めて次雨のW音をしっかり発音します。これはアクセントの位置などが関係しています。Wはアクセントに絡む音なのでしっかり発音します。なのでその直前にあるTはなるべく次の音の邪魔にならないように軽く発音しなくてはなりません。よって音を止めてTを表現するという事になります。

Dr.D
About Dr.D 565 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.