ジャスティンとピコ太郎のCM(ソフトバンク)の英語セリフで発音練習

最近よく流れるJustin Bieberとピコ太郎が出演するソフトバンクのCM。その中でJustinは何と言っているのでしょうか?なかなか全部聞き取れたという人は少ないんじゃないかと思います。

今回は発音トレーナーの山田聖大がこのネタを使って発音練習をする動画をアップしました。

英語/日本語のリズムの捉え方の違い

この動画の聞き取りが難しかったと感じた方は、まず英語のリズムを捉えることが出来るようになりましょう。

動画の中でこの様に英語と日本語のリズムの違いを説明しています。

日本語がシラブルを基準に発音されるのとは逆に、英語はストレスを基準に音を捉えるので、発音の「長・短」「強・弱」が交互に発音され、それが英語独特のリズムになっています。

Justinのセリフをリズムに当てはめる

この英語のリズムのパターンにこのジャスティンのセリフを当てはめるとこの様になります。これを元に発音練習を動画で行います。

発音トレーナー山田聖大が発音を解説

The following two tabs change content below.

Seidai Yamada

Seidai Yamada

認定シニアトレーナー

【Brigham Young University–Hawaii, BA TESOL 卒】
在学中はアジア人の英語発音習得に関する研究を行い、TESOLのPresidentも務めたDr.Neil J Andersonに師事。TESOL国際会議で研究発表も行う。

また2015年から発音トレーナーDr.Dのもとで【英語声プログラム®】の発音教授法を学び、現在ドクターDイングリッシュのシニアトレーナーとして大企業の英語研修なども担当している。受講生から寄せられた数多くのレビューからも、その実力が見て取れる。

Leave a comment

Your email address will not be published.