日本人の英語発音が不自然に聞こえる理由とその解決方法

発音トレーナーのDr.Dです。先日からレッスンを開始された方で英語がとても流暢で、しかも発音も綺麗な方がおられます。その方の悩みはこうでした。

発音がどうしても英語っぽくならない

「子音や母音の発音は正しいはずなのに、何故か英語っぽくならない」

試行錯誤の末に、英語の声の出し方の違いに気付き、私Dr.Dのところに来られたということでした。

その方の発音はとても丁寧で、一つ一つの音はハッキリしていますがそれが逆に英語らしくない。単語の発音は綺麗でもフレーズ発音が少し不自然に聞こえます。

日本語は綺麗な発音というと、「ハッキリ」と「くっきり」と出そうとしますが英語では逆効果です。それではやはりプツプツと切れたような不自然な発音になります。

英語は日本語と比べてもっと柔らかく流れるように発音されています。その感じを出すためにはまず声の出し方のイメージを掴むこと。

英語らしい「声」を出す為のポイント

英語をより自然に発音するために欠かせないことは、「喉に余計な力を入れない」「息を沢山逃がす」という事。

まずはこちらの動画を見てみましょう!飛行機に乗った時に流れる非常用設備案内ビデオです。日本語と英語が交互に話されるので違いが分かりやすい。

日本語は語尾の度に喉を締めて音をピタっと止めます。しかし英語はダラダラとつながっています。英語の方がルーズな感じで話されていると思いませんか?

このルーズな声の出し方を真似るだけでグッと英語らしさが出ます。ではこれを真似る上で押さえておく点を紹介します。

①英語は息を逃しながら発音

英語のフレーズは一息で発音する傾向にあります。息をずーっと抜き続けながら話す感じです。息を抜きながら口をパクパクさせて発音している感覚でやってみましょう。

一息で→May we have your attention

一息で→for the following instructions

②英語は余計な力を抜きルーズに発音

喉に余計な力が入っていては一息で発音出来ませんし、また子音の発音器官である唇、舌などに余計な力が入っていては息がスムーズに逃げずに音に詰まりが出ます。

なので出来るだけルーズにダラダラとしたイメージで発音するようにしてみましょう。ハッキリと発音するのではなく、ある程度テキトー感を出したほうがニュアンスは近づくと思います。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.