英語声#79「めっちゃ英語っぽくなる子音の出し方」

子音とはネイティブが話す英語を聞くと息が沢山もれる音がするのが分かります。それが英語の子音の特徴です。

英語にとって子音はフレーズ全体の輪郭を作る大切な音なので日本語の時の4、5倍は息を絡めて発音しましょう。

日本語の場合は子音と母音がほぼ同時に発せられるので音がプツプツととぎれて聞こえます。

しかし英語は「子音→母音→子音」とつなぐように発音されるので音がなめらかです。

図のように特にストレスを置く子音を引き伸ばすようにすると急に英語らしい発音になります。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Dr.D
About Dr.D 369 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.