子供のスピーチコンテスト対策【高評価を得るための3つのポイント】

私達の発音コースでは子供のスピーチコンテスト対策も受けることがあります。

スピーチは発音でカバーできる範囲がかなり大きい。今回の動画ではスピーチコンテストで高評価を得るための3つのポイントについてお話しています。

これら3つのポイントを押さえると話が格段に伝わりやすくなります。

Point 1. 存在感のある声
100%日本社会で育った子供は平均的に声が小さい

Point 2. ストレスのリズムの安定
単語を並べて読んでいるだけのパターンが多い

Point 3. 間を大切にする
緊張すると覚えている言葉を急いそと流しだすだけになる

まずスピーチコンテストでの主な評価基準は以下のとおりです。

<主な評価基準>
・Interest
内容のおもしろさ
・Interaction
オーディエンスとの共感性
・Organization
伝わりやすい構成
・Pronunciation
子音や母音の正確性、テンポ感、流暢さ、イントネーション
・Voice
声の存在感

よって内容以外は全て発音トレーニングでカバーできるわけです。また話し方次第で面白くない内容も面白くなることもあります。

Point 1. 存在感のある声
・喉の奥から声をひびかせてストレスの存在感を出す
・息をしっかり吸って、大きく吐き出しながら発音する
・ストレス頭の子音をしっかり絡めて、母音の間もしっかりとる

Point 2. ストレスのリズムの安定
・テンポよく話すためにはストレスでリズムを捉えること
・そうすることでストレスを置く単語の存在感が安定する
・ストレスワードを中心に発音する感覚

Point 3. 間を大切にする
・文章を意味の塊ごとにとらえる(word group)
・間を取りながら、各Word Groupの意味を噛みしめるように話す
・そうすることで自然なイントネーションが得られる

Dr.D
About Dr.D 322 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.