日本人が間違えやすい発音 Chicago(shi)/Seattle(si)を使い分けるコツ

Introduction

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・「ドクターDイングリッシュ」の創立者
・生徒数1000名、発音トレーナー18名在籍
・ラブラドールを飼っています

レッスン概要

意外と間違えやすいChicago(shi)とSeattle(si)など、shi/siの使い分けのコツ
1. shi/siで間違えやすい単語
2. 使い分けのエクササイズ
3. 応用フレーズ練習

間違えやすい単語

Q1. Casino
Q2. Machine
Q3. Scenario
Q4. Associate
Q5. Association

si/shiを区別する方法

♦手っ取り早い方法
1. 寿司をゆっくり発音→s-u-sh-i
2. これの母音を入れ替える→s-i-sh-i

♦舌のポジション
[si] は舌先を下げる
[shi] は舌先を上げる

si/shiの使い分けエクササイズ

<1> sell – sit – sell – sit
<2> shell – shield – shell – shield
<3> sit – shed – sit – shed
<4> seat – sheet – seat – sheet
<5> She sells seashells by the sea shore.

応用フレーズ練習

You can’t wear jeans at the Casino in Chicago.
It’s been sitting on a coffee machine for six hours.
From Mississippi to Seattle, Washington.
In the scene of a choir singing Jingle bells.
She’s been working as an associate attorney.

アバター画像
About Dr.D 582 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTuber歴10年以上。趣味はカヤックフィッシングで平均週3で魚釣りをしている。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.