テンションが上っても英語の「声」を安定させる方法

英語の「声」を得るための3か条

普段から動画で英語らしい「声」を使って話すと英語は伝わりやすいとお話しています。英語らしい「声」とは、主に次の3点です。

①喉の力を抜いて低音で話す
Release tension in your throat and get your voice lower

②喉の奥を開いて声をひびかせる
Open up your throat to get the voice vibrated

③ブレスの流れに発音をからめる
Let the breath go all through the phrase

これがある程度定着して練習では発音が安定するようになっても、いざ英語を使って話した時に次のような問題が起こりがちです。

起こりやすい問題

・喉の力を抜いて低音で声をひびかせると、どうしても声が小さくなる
・テンションが上った状態で話すと声が日本語っぽい感じに戻ってしまう

これらを解決するために気をつけたいことについてお話します。

解決法

話す人数が複数いる時は自然とテンションが上り声を張ろうとしてしまいます。そうすると喉が緊張して固くなり、発音が流れなくなるので気をつけましょう。

声を張るのではなく、音程は低いままでブレスの量をより沢山吐き出すことで声をより前へ送り出すようにして発音しましょう。

イメージとしては3メートル先の人に息の音が聞こえるくらい強く吐く。

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.