英語には「ア」の音が複数あるって知ってました?

こんにちは、英語発音トレーナーのシータ晶子です。

今回の動画では、母音Vowelsについて、特に、日本語の母音でいう「あ」についてお話ししています。

英語の「ア」は主に3種類

日本語では「あ」だけなんですが、これは、英語だと3種類あります。(i.e. app, art, up)

これらを全部同じ「あ」で発音してしまうと、どうしても日本語っぽく聞こえてしまうので、今日は、3種類の「あ」の違いを練習してみましょう。

/æ/ (Front Vowel)

Front vowels こちらは発音記号でいうaとeがくっついたような記号ですね。

舌先を下あごに近づけた状態で、顎を落として、唇を横に引きます。記号のように、あとえの中間のような音になります。

例えば、apple, tap,Laughなどです。

思っているよりわざとらしくあを潰すようなイメージで発音すると、近い音になります。

/ɑ/ (Back Vowel)

Back vowels これは、口の中に空間を作るようにして声門を縦に開き、より喉の奥を響かせます。トンネル効果で声が響く感覚です。

舌先はちょっと浮かせるんですけど、この時、舌が奥に行きすぎてしまうと、Rの音になってしまい、全体的に音がこもって聞き取りづらくなってしまうので気をつけましょう。

例えば、father, talk, dog

/ʌ/ (Central Vowel)

Central vowels こちらは曖昧母音とも言われますが、ゲップをするように、曖昧に低く短く「あっ」と言います。

こちらは逆に口の中に空間を作ってしまうとBack Vowelsに近い音になってしまうので、少し前に突き出すイメージで短く発音してみてください。

例えば、up, run, butterなどです。

では、これらの違いを意識しながら次の練習をしてみましょう。

フレーズで練習

Front vowels

I had to carry some apples
The fat cat likes hamburgers

Back vowels

We often play cards on a flight
Walking to my office with my daughter

Central Vowels

Please cut the butter in half.
I’ve got a someone’s gun.

いかがですか?

これらは、同じ母音を集めたフレーズなので、比較的言いやすいかと思います。

違いがはっきりと出せるようになるまで練習しましょう。

違いが出せるようになってきたら、色々な母音が混ざった文章で、スラスラ言えるように練習してみてください。

The following two tabs change content below.

シータ 晶子

シータ 晶子

神田外国語大学・英米語学科卒。2007年メジャーデビュー(TV東京系アニメ「素敵探偵ラビリンス」エンディングテーマ)。 映画「Shall we ダンス?」の芸術監督でもあるwatari氏の音楽療法の講演会で歌唱担当。
2013年、癒しの歌声と、音楽療法士との活動を経て、JMCA心理マイスターに任命される。またベネッセの子供用教材「ほっぷ」のオープニングテーマを担当している。
2019年、日本人離れした抜群の発声力とリズム感でDr.D認定発音トレーナーとなる。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.