英語には「ア」の音が複数あるって知ってました?

こんにちは、英語発音トレーナーのシータ晶子です。

今回の動画では、母音Vowelsについて、特に、日本語の母音でいう「あ」についてお話ししています。

英語の「ア」は主に3種類

日本語では「あ」だけなんですが、これは、英語だと3種類あります。(i.e. app, art, up)

これらを全部同じ「あ」で発音してしまうと、どうしても日本語っぽく聞こえてしまうので、今日は、3種類の「あ」の違いを練習してみましょう。

/æ/ (Front Vowel)

Front vowels こちらは発音記号でいうaとeがくっついたような記号ですね。

舌先を下あごに近づけた状態で、顎を落として、唇を横に引きます。記号のように、あとえの中間のような音になります。

例えば、apple, tap,Laughなどです。

思っているよりわざとらしくあを潰すようなイメージで発音すると、近い音になります。

/ɑ/ (Back Vowel)

Back vowels これは、口の中に空間を作るようにして声門を縦に開き、より喉の奥を響かせます。トンネル効果で声が響く感覚です。

舌先はちょっと浮かせるんですけど、この時、舌が奥に行きすぎてしまうと、Rの音になってしまい、全体的に音がこもって聞き取りづらくなってしまうので気をつけましょう。

例えば、father, talk, dog

/ʌ/ (Central Vowel)

Central vowels こちらは曖昧母音とも言われますが、ゲップをするように、曖昧に低く短く「あっ」と言います。

こちらは逆に口の中に空間を作ってしまうとBack Vowelsに近い音になってしまうので、少し前に突き出すイメージで短く発音してみてください。

例えば、up, run, butterなどです。

では、これらの違いを意識しながら次の練習をしてみましょう。

フレーズで練習

Front vowels

I had to carry some apples
The fat cat likes hamburgers

Back vowels

We often play cards on a flight
Walking to my office with my daughter

Central Vowels

Please cut the butter in half.
I’ve got a someone’s gun.

いかがですか?

これらは、同じ母音を集めたフレーズなので、比較的言いやすいかと思います。

違いがはっきりと出せるようになるまで練習しましょう。

違いが出せるようになってきたら、色々な母音が混ざった文章で、スラスラ言えるように練習してみてください。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

シータ 晶子
About シータ 晶子 5 Articles
2007年キングレコードからメジャーデビュー。R&B、ゴスペルの影響が強いプロシンガーで、特に英語の発声に強い専門性を持つ。繊細な問題点も聞き逃さない耳を持ち、的確に解決へと導く指導力から1年で大人気トレーナーへと成長する。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.