アメリカ発音のアとエの「中間音」(Short A)を極めるレッスン

Short Aとは?

前回の母音の中間音に引き続き、今回はアメリカ発音の a の練習をやります。Phonicsで言うところの Short Aというやつです。

ちなみにPhonicsというのは、各アルファベットのスペルとしての発音のことです。Aはアルファベットだと「ei」と発音しますが、これはこの文字の名称の事です。

そして apple の a など、単語の中で使われる a の発音は「a」という音になる。これがアルファベット一つ一つであるわけです。これがフォニックスです。

そしてアルファベットの中で母音として使われる「AEIOU」はそれぞれ、Long soundとShort soundがあります。

AのLongは「ei」で、Shortは「a」みたいな感じでそれぞれであるんですが、詳しくは以前の動画でフォニックスを解説しているものがあるので、そちらをご覧ください。

日本語とは違う発声で発音しよう

今回の Short A の発音ですが、日本語を基準にすると「ア」と「エ」の中間音みたいな音なんですが、やはり英語は日本語とは違った発声で発音されているので、英語はまずどの様な「声」で表現されているか、これにフォーカスして頂きたいと思います。

日本語の発声でやってしまうと、どうしても根本的にニュアンスが異なってしまいがちなので、しっかり声の出し方は真似て頂きたいと思います。

英語の発声法が身につくと全技能が伸びる

この英語の「発声法」が分かり始めると、発音が良くなるだけじゃなくて、私が普段動画で上げているように、リスニングも良くなるし、通じやすくなるし、何より英語に対する理解度が格段にアップします。

英語の「発声」は全ての技能につながってくるので是非取り組んで頂ければと思います。

アとエの「中間音」:Short A

ではここから英語の発声練習に入ります。今回フォーカスする音はアとエの「中間音」です。a〜

フォニックスでいうところのShort Aです。スペルがAの時に、この音になることが多いということです。hat, pad, cat, etc..

もちろん英語は日本語じゃないので、日本語で出す音と一致するものはありません。なので一応分かりやすいように日本語で出す音を基準にして、そこから英語の音に変化させることをやりたいと思います。

Short Aのエクササイズ

①舌は下顎にべったりと付ける
②喉の奥でルーズな「エ」の発声を行います
③少し正門を開いて「ア」に近づける

a〜a〜a〜a〜
add〜add〜add〜add
a〜a〜a〜a〜
angry〜angry〜angry〜angry

It doesn’t add up that you get angry
「あなたが怒るのはおかしい」

a〜a〜a〜a〜
have〜have〜have〜have
a〜a〜a〜a〜
pack〜pack〜pack〜pack
a〜a〜a〜a〜
baggage〜baggage〜baggage〜baggage

Have you packed your baggage?

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Dr.D
About Dr.D 368 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.