【Dark L】日本人が超苦手なLの3つの発音パターン

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー22名が在籍
・やめなければ大抵のことは勝てる

Lの発音パターン

Lの基本ポジション

・舌先を前歯裏に付ける
・喉奥を広げる
・声を喉奥から漏らす

①L音:L〜
②Clear L:L〜E
③Dark L:E〜L(舌は当たらなくてもOK)

Clear L エクササイズ

Lと母音を交互に1秒ずつ発音する練習

①l ee l ee l ee leaving “I’m leaving now”
②l e l e l e let “I let you know”
③la la la lap “It’s on your lap”

Dark L エクササイズ

母音とLを交互に1秒ずつ発音する練習
※L⇒母音の時はLの舌は当てる

①ee l ee l ee l “I’d like to feel”
②ah l ah l ah l “It’s all mine”
③ou l ou l ou l “I like rock’n roll”

フレーズ エクササイズ

I’ll do that later.
/ail doo that lei ter/

I need to kill time.
/ai need tu kil taim/

It splashed all over the places
/it splash dah lou ver the plei suz/

まとめ

L単独の「音」が分かると
どんな位置にあるLでも発音出来る。

・舌先を前歯裏に付ける
・喉奥を広げる
・声を喉奥から漏らす
Say, “le” and “el”

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 520 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.