通じる英語と通じない英語の違い、英語学習における質の良いインプットはコロケーションと発音

Story-Telling

英語が話せるようになるためには「インプット(覚える事)」「アウトプット(使う事)」をバランスよく行うことです。しかもこれらの質を上げていくことがとても大切。では「質の良いインプット」とはどういうものなんでしょうか?

質の良いインプットとは

まず質の良いインプットとは「いつでも使える状態で言葉をストックしておくこと」です。その為に必要な事は以下のとおり。

・コロケーションで覚えていること

例えば、contract(契約)という単語だけ知っていてもそれを使うことは出来ません。sign a contract(契約を結ぶ)や、break a contract(契約を破棄する)という言葉で覚えていなければなりません。こういうのをcollocation(コロケーション)と言います。

・ストーリーの中で言葉を覚えること

英語はただ文法的に正しかったら通じるというわけにはいきません。日本語でもそうですが「聞き慣れない表現」場にそぐわない表現」では通じにくくなってしまいます。その為には言葉はストーリーやシチュエーションの中で覚えていかなくてはなりません。要するに「こういう時はこういう言い方をよくする」というような覚え方が理想です。

例えば相手に「ちょっとうまく聞こえなかったんですが」という場合、日本語の表現のまま”I hardly heard what you said”と訳してしまうと、おそらく相手も「え?」ってなってしまいます。こういう時は決まって”Sorry but I couldn’t catch you”などという表現を使います。

・発音も込みで覚えていること

文字でしか覚えていない言葉や、発音したことのない言葉はまず口からは出てきません。口がスムーズに動いてくれないと発音に気を取られて言葉も出てこなくなってしまいます。「通じる発音」「言いなれた表現」を沢山作りましょう。発音を鍛えることはこういったインプットの質を高めるためにとても有効な手段です。

覚えた言葉はアウトプットすることで馴染む

この様にインプットした言葉は使わなければ体に馴染むことはありません。英語が話せるようになるためにはバランスの良いインプットとアウトプットが必要です。

まずは「ひとりごと」でも良いので、頻繁にストーリーを話す練習をしましょう。「今日の出来事」でも良いし、最近読んだ本の「あらすじ」を話しても構いません。まずは独り言でどこまで表現できるかどうか試してみましょう。

もちろん相手がいたほうがより自然な会話形式のアウトプットが出来るので、フィリピン系の安いオンライン英会話などを利用するのもいいと思います。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Dr.Dの発音レッスン動画が見放題!

Leave a comment

Your email address will not be published.