【英語声】英語は喉奥開いて声を鳴らせば通じる!簡単な単語すら通じない理由

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約1000名、発音トレーナー18名が在籍
・かっこいい文章より声の力で相手に伝えよ

こんな経験ありませんか?

日本人: Do you need any help?
米国人: I’m sorry? Need what?
日本人: Ah… Help?
米国人: …Uhm sorry I don’t get it.
日本人: Never mind.
…”Help”がまったく通じねー😨

純粋に音の違いを比べてみよう

カタカナ英語の”Help” VS 英語の”Help”
何が違うのでしょうか?

1. 発音じゃなく純粋に声の響き方が違う
2. /e〜l/にかけての声の伸び方が全然違う
通じない時は大抵「声」の響きが足りていない

英語と日本語の声の出し方の違い

// 日本語の場合
“ハロー?”

・口先で話す
・息があまり漏れない

// 英語の場合
“Hello?”

・喉奥で話す
・息がよく漏れる

英語声で発音を通じさせる

// 英語は喉奥で話し、息を沢山使え!
1. あくびで喉を開く
2. ソフトパレットに息を当てて音を出す ha ha
3. 途中で喉を閉じずに ”ha ha ha ha〜”

出来るだけ喉の奥から声を出し、
息を止めずに発音することが出来ればOK!

// 英語は喉奥で話し、息を沢山使え!
(Ex 1) ho ho ho ho “home”
(Ex 2) he he he he “help”
(Ex 3) oh oh oh oh “open”
(Ex 4) do do do do “door”
I’m home. Could you help me open the door?

最後に冒頭の例文で練習

日本人: Do you need any help?
米国人: Oh that would be great. Thanks.
日本人: No problem. Let me carry that.
米国人: You can just put it by the window.
日本人: Sure.
やった今度は通じた😁

今回のまとめ

・英語は喉奥で話し、息を沢山使って話すと
100倍通じやすくなる

・発音よりもまず声の響きを相手に届かせる
事を意識しよう

アバター画像
About Dr.D 594 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTuber歴10年以上。趣味はカヤックフィッシングで平均週3で魚釣りをしている。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.