ペナン島(マレーシア)からの受講生 発音トレーニング2ヶ月集中コース

世界中各地に受講生がいるドクターDイングリッシュですが、東南アジアからの受講生も結構おられます。そして今回紹介したいのはマレーシアのペナン島。40代の男性会社員でペナン島から発音コースを受講されています。

penang2

ペナン州は、マレーシアの州の一つである。 南北24キロメートル、東西15キロメートルのペナン島、東洋屈指の長大橋ペナンブリッジで結ばれる対岸のマレー半島部分のスブランプライにて構成される。 マレー語発音の「プラウ・ピナン」とは、「檳榔樹 Pinang の島 Pulau」を意味する。 ウィキペディア

map

マレーシアの首都「Kuala Lumpur」からだと車で3時間半くらいのようです。

彼は日本で仕事をしていた時から何度かペナン島へ出張に行く機会があったそうですが、そこでこの島がとても気に入り、たっての希望が受け入れられて現在ペナン島に駐在されているようです。

発音矯正の目的は欧米のクライアントとのコミュニケーションにおいてある程度の発音力が必要だからとの事。やはりアジア人同士だとお互いに下手な英語で何とか成り立ってしまいますが、欧米人相手となるとある程度発音がクリアでないとスムーズなコミュニケーションは成り立ちません。

それに発音が辿々しすぎると印象もあまり良くありませんしね。日本でもそうですが、発音がベタベタとして何を言っているのか聞き取るのが難しいアジア留学生と、比較的きれいな発音ですらすらと日本語を話すアジア留学生だと、どちらをより信用するでしょうか?発音の印象というのは無意識に人をジャッジさせます。

なので特に仕事においては発音力というのはとても大切な要素だと思っています。履いている靴が汚いのと同じで発音が汚いのは第一印象を悪くします。発音は教養を映し出すと言っても良いかもしれません。そのくらい発音は人に無意識のうちにジャッジされます。

彼の場合は2ヶ月間集中的に発音矯正を行い次の転職に備えます。週3回のペースでレッスンを受けていますが、自分の発音の問題と理想像をはっきりと捉えることが出来たので現在メキメキと成長中です。

Dr.D
About Dr.D 550 Articles
発音ディレクター@ドクターDイングリッシュ:Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで「英語の声になれる本」(KADOKAWA出版)の著者。音楽専門学校のボイトレ講師を経て、2011年に英語発音専門スクール|ドクターDイングリッシュを開校。2019年4月現在、生徒数約250名、講師7名のスクールに成長。 ★毎週月木21時YouTube更新

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.