アクセントの位置が変わると意味も変わる!?ホワイトハウスってどう発音する?

突然ですが質問です!上の写真はどちらもWhite houseですが、発音はどの様に区別したら良いでしょうか?

もちろんこの様に文脈で違いを付けることも出来ます。「一般人がいわゆるホワイトハウスに住んでいるわけが無いから単純に白い家に住んでるんだ」という風になります。

1. Dr.D lives in a white house.

2. The president lives in the White House.

また、文章にすると一般名詞と固有名詞の違いも出ますね。

しかし、いざ発音してみると大文字小文字の違いなんてありませんし、「a」なのか「the」なのかの違いなんて微々たるもので、そんなところは誰も気にしていません。

一つの名詞として捉えるか、形容詞+名詞で捉えるかで発音が違う

White Houseを一つの名詞として捉えたセットフレーズの場合、アクセントは頭の「white」に置かれますが、white(形容詞)house(名詞)として通常のフレーズの場合は「house(名詞)」にアクセントを置きます。

よって、これらを発音するとこの様な違いがあります。

1. Dr.D lives in a white house.

2. The president lives in the White House.


こう聞くと結構ニュアンスが変わりますね。他の例も同じようにして発音の区別を付けてみましょう!

<Regular phrase> <Set phrase>
She has a white horse She lives in Whitehorse
I need a piece of white board Write on a whiteboard
He lives in a green house They are grown in a greenhouse

 

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.