英語は全てを発音してはイケナイ

日本人が英語が聞き取れない理由

日本人が英語を聞き取るのに苦労する理由として、おそらく一番大きな原因は、「全部を聞き取ろうとしている」ということだと思います。

I think that’s an interesting idea.

と発音したときに日本語だと、
ai-think-thats-an-in-ter-res-ting-ai-dea
というふうに全てのシラブル(音節)を並べて発音してしまいがちです。

英語は浮いている音(ストレス)を聴いて残りは連想する。
aiTHINk / THAtsan / NINterestingai / Dea

ここに英語と日本語の大きな発音感覚の差が存在します。

言葉のリズム感覚の違い

日本語はシラブル発音と言って、全ての音を同じ様に並べて発音します。
I-think-that’s-an-in-ter-es-ting-i-dea.(10拍)

しかし英語はストレス発音と言って、ストレスで拍を取って発音します。
I think / that’s an / interesting i/ dea.(4拍)

このように同じ文章を発音しても捉える拍数が全然違います。

Interestingの単語の発音

カタカナ発音のままInterestingを発音すると、やはり全ての音節を並べて発音するので、「in-ter-res-ting」のようになる

それに対して本来の英語発音では、ストレス音の「In」から滑り落ちる様に、「IN⤵teresting」となります。

日本語は最後まで声を張って発音する

→べったりとした発音「in-ter-res-ting」

英語は声の張りを抜きながら発音する

→すっきりとした発音「IN⤵teresting」

発声練習しましょう!

In⤵in⤵in⤵in⤵

ストレス音だけしっかり発声して、後はため息混じりで音を滑り落とします。

Interes⤵interes⤵interes⤵interes⤵

ストレス以外は子音の輪郭だけ残すといった感じです。

interesting⤵interesting⤵interesting⤵interesting⤵

長めの単語で声の張りを抜く練習

Interesting, Estimated, Differently

この感じで発音すると、かなり英語らしさが出せます。

まずはネイティブ英語をリスニング

ストレスで拍を取って発音します

ストレスだけが浮き出た感じで、ストレスで拍を取って発音します。

I was serious enough about acting that I auditioned for Juilliard when I was a senior in high school, didn’t get in,determined college wasn’t for me and applied nowhere else, which was a genius move.

再度ネイティブ英語をリスニング

「あれ?何言ってるか分かるかも?」ってなりませんか?

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.