英語は低い声で発音したほうが良い!その理由とは?

よく発音レッスンでは「低いトーン」を意識させて練習しています。今回の動画ではその理由についてお話しました。

まず、英語はストレス発音。なのでストレスを際立たせるために、それ以外の音を沈める必要があります。

そのためには喉をリラックスさせて、発音する声のトーンの基準を低い力の抜けたところにしておきます。そうすることで「浮き沈み」の波が作りやすくなるからです。

そしてこの波が英語らしいストレス発音をつくることになります。声を張りっぱなしで話す日本語発声のままではこのストレスの波が作りにくいので、喉を常にリラックスさせ、音程を落とすクセをつけることが大切です。

「英語は低い声で発音しなくてはならない」のではなく、「喉の力を抜かせるために声をわざと低くして練習している」というわけです。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.