「”R”は巻き舌ではない」”Reaction, Reality, Reluctant”弱いR発音するコツ

Rは巻き舌で発音すると思って、ストレスを置かないRまで巻き舌で一所懸命発音している人が結構おられます。

例えばこれらの単語に含まれるRが弱いRです。
Reaction, Reality, Replace, Repeat, Reluctant

これらのRを舌を巻いてしっかり発音してしまうと、舌に余計な力が入りすぎてしまいRの度にテンポが崩れてしまう。

そこで提案したのが、「低音で唸る」というRの発音方法です。

舌はあまり動かしすぎずに軽く後ろにくいっと引く程度でポイントは「声」を低音から唸り上げること。

そうするとリズムがモタることなくつなげて発音出来ます。

それではこれらの単語を使ったフレーズで練習してみましょう。ポイントはリズムを崩さずに、ストレスを置くこと。

It’s a good chemical reaction
It’s never gonna happen in reality
I just replaced my computer
Please repeat that again
Don’t be reluctant to visit there

Rの発音に関して、とくにストレスを置かずに素早い発音を求められるRに関しては、「巻き舌」よりも「唸り」のニュアンスでカバーした方が自然だったりします

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Avatar photo
About Dr.D 535 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTubeでは古株英語系YouTuberの一人だが登録者数はイマイチ伸びず未だ7.5万人(2022年時点)。趣味はカヤックフィッシングで連日大物を釣り上げ冷凍庫は常に魚でいっぱいです。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.