2タイプのR母音【ar/or V.S. ur/er】変化するRとしないRについて

こんにちは、英語発音トレーナーのシータしょうこです。

ストレスを置くR母音

今日は、少し前の動画でもお話した、vowels、母音の、特に、ストレスを置くR母音についてお話しします。

これは、使い分けないと、大きく意味が変わってきてしまうので、今日は意識して違いを出せるようにしていきましょう。

R母音は大きく分けて2タイプ

ストレスを置くR母音は、大きく分けて、二つあります。初めからR後からRです。

ar or er ir urと、母音にrがつく単語は、初めからRか後からRかの、どちらかになります。

始めからR

始めからRは先日の半母音動画でもお伝えしたように、最初の母音にすでに子音のRの音が入っているので、途中で音が変化しないのが特徴です。

後からR

後からRは、Rを含まないBack vowelのあをしっかり出してから途中からRの音をのせます。

それでは単語で比較しながら練習してみましょう。最初に、後からRの単語を言いますので、リピートしてみてください。

award a word /or/ /er/
war world /or/ /er/
art earth /ar/ /er/
heart hurt /ar/ /er/
start stir /ar/ /er/
part permanent /ar/ /er/
course curse /or/ /er/

いかがでしょう?

これらは、なんとなくの統一感はあるんですが、Aだから必ず「後からR」、と決まっているわけではありません。

Vocabularyをたくさん習得することでなんとなく読み方がわかるようになってきますので、発音記号を確認しながら、違いを出せるようになるまで練習してみてくださいね。

シータ 晶子
About シータ 晶子 4 Articles
神田外国語大学・英米語学科卒。2007年メジャーデビュー(TV東京系アニメ「素敵探偵ラビリンス」エンディングテーマ)。 映画「Shall we ダンス?」の芸術監督でもあるwatari氏の音楽療法の講演会で歌唱担当。 2013年、癒しの歌声と、音楽療法士との活動を経て、JMCA心理マイスターに任命される。またベネッセの子供用教材「ほっぷ」のオープニングテーマを担当している。 2019年、日本人離れした抜群の発声力とリズム感でDr.D認定発音トレーナーとなる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.