英語発音の省略「did you」が「ju」になる?

先日YouTubeの質問で以下のものがありました。今回の動画ではそれにお答えする内容で、「英語発音の省略」についてお話しています。

YouTube視聴者からの質問

Do youやDid youの発音をドゥユやディジュではなくて、ジューと発音されていたのを数回きいたことがあるのですが、これはくだけた会話の時のみ使われるのでしょうか?それとも、ただ単に短縮して発音されているだけなのでしょうか?

ネイティブが発音している教材CDなどでは全く、こういった発音はきかないのですが、先生もネイティブと会話される時はこういう発音をされることがあるのでしょうか?

Dr.Dの回答

確かに Do you…は「dyu」、Did you…は「ju」の様に発音されることがあります。これはいわゆるリダクションで、テンポが速くなると英語は自然とこの様に音が一体化する部分が出てきます。

一体化する発音パターン

「What do you do?」は大抵 /wa dyu do/と3音で発音されます。英語はストレスの塊で発音されるので、このように一体化してしまうところが出てくる。

それに対して日本語はシラブル発音感覚なので、一つ一つ単語を個別に捉えてしまう。

まずは音が一体化する代表的な例をあげてみます。

What do you do? /WA dyu DOO/
What did you do? /WA ju DOO/
Where do you go? /WER dyu GOH/
Where did you go? /WER ju GOH/
How do you do that? /HAU dyu DOO that/
How did you do that? /HAU ju DOO that/

do/youが一体化するわけ

このパターンだと「you」にストレスを置かないのでdoと一体化して /dyu/ となってしまう。

またyの子音が母音と同化しやすい性質を持っているのも理由の一つかと思います。

yは半母音と言って、w, rも同じ様な性質を持つ子音です。詳しくは以前の動画をご覧ください。

では普通の疑問文だとどうなるのかと言うと、やはり同じ様な感じになることが多い。

Do you want to come? /dyu wana CUM?/
Did you find it? /ju FAIND dit/

ねらって省略しているわけではない

まぁこの様に「do you」が/dyu/と聴こえたり、「did you」が/ju/と聴こえたりするわけですが、あくまで /dyu/ と言おうとして言っているのでは無く、/do yu/と言おうとしているんだけれど、ストレスを基準にしてリズミカルに発音した結果このように聞こえるといった感じです。

発音を習得する上でここはかなり重要なポイントかと思います。始めから狙って省略するのではなく、なめらかに発音しようとした結果そうなったということです。

省略はカジュアルな表現か?

ちなみにこういった省略はくだけた会話の時のみ使われるのか?という質問ですが、確かにその傾向はあるかと思います。

普段慣れ親しんだ人と話す時は、日本語でも同じ様にちょっと言葉が省略気味になるかと思います。しかし初めての人なんかと話すときなんかは比較的丁寧に発音するのではないかと思います。

なので「ネイティブと会話される時はこういう発音をされることがあるのでしょうか?」という質問に関しましては、お馴染みの人と話す時は省略しがちで、そんなに馴染みではない人と話す時はあまり省略はしないんだと思います。無意識ですが多分こういうことかなと思います。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.