wouldの「w」の発音が意外とみんな出せていない件

Wと◯◯の組み合わせは厄介

日本人にとってもそれほど難しくない「w」の発音ですが、ある母音が組み合わさった瞬間に皆さん発音出来なくなります。

それが /w/ と /u/ の組み合わせです。

「wood, woman, wolf」 これらの発音が、
「ood, ooman, olf」 みたいになっていませんか?

この動画で得られるスキル

・「wood, woman, wolf」の /w/ が出せるようになる
以上です。

wouldのwが出せない原因

wouldのwの音が出ない一番の原因はこれです。
「wの前で喉が閉じてしまっている」

wの前に喉が閉じるとこんな音になります。
「ood」
喉が開いた状態で発音出来るとこうなります。
「wood」

たったこれだけの事なんですが、これがなかなか厄介で矯正に時間がかかったりもします。

解決策は喉を閉じない事

この解決策は「いかに喉を閉じずに発音するか」これだけです。

日本語のクセでどうしても喉は無意識に閉じてしまうので、まずは「喉が開いている時の感覚」を把握する必要があります。

あいうえおエクササイズ

ではエクササイズをやってみましょう。日本語の「あいうえお」に沿って練習します。

これで今まで「would」を「ood」としか発音できなかった人も一瞬で出来るようになるはずです。

英語らしい声を作ります

あくびをして喉の奥を開いて、首全体で声を響かせるようにします
ハリウッド俳優の様な「低く太く響く声」をイメージしてください
ah ah ah

英語の声で波を描きます

今度はこの声で波を描くように発声します
ah〜ah〜ah〜

ここから声を止めずにそのまま単語の発音につなげます。

あ:ah〜ah〜ah〜want
い:ee〜ee〜ee〜weak
う:oo〜oo〜oo〜would
え:eh〜eh〜eh〜went
お:ou〜ou〜ou〜won’t

どうでしょうか?「would」の時に難なく発音できませんでしたか?
これら全部声を止めずに発音できたらWの発音はおそらく完璧です!

フレーズエクササイズ

ではフレーズの中で「would」を発音してみましょう。
Wの前で音を止めないように気をつけましょう。

Like you wouldn’t believe
I met a woman
we walked in the woods
and we ran into a wolf.
oops!

最後の「oops!」だけは母音なので喉を閉めてから発音します。
どうですか?「wood, woman, wolf」の発音問題なく出来ましたか?

Dr.D
About Dr.D 570 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.