【効果絶大】英語は息を10倍吐くと通じる

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー16名が在籍
・大体週3ペースで釣り

聞き取ってもらえない理由

・原因の99%は息が足りない(息吸ってる?)
・子音の摩擦や破裂が聞こえない
・英語発音の7割は子音(すなわち息の音)
・母音の発音に頼りすぎ(日本語は7割母音)

息を発音に絡めないと英語は通じない!
日本語の10倍は息を吐こう

息を沢山使う5つのコツ

①しっかり腹の底まで吸うこと
②喉奥を常に広げた状態で発音
③息を常に漏らしながら発音
④口周りのポジションを緩める
⑤ストレス子音をしっかり踏み込む

ブレスフローのエクササイズ

Tip: ストレス子音にブレスを絡めよう
1. s~e, s~e, s~e, seven
2. y~ee, y~ee, y~ee, years
3. g~ou, g~ou, g~ou, ago

Seven years ago,

Tip: 喉奥は常に開いた状態で
1. s~tu, s~tu, s~tu, student
2. k~ei, k~ei, k~ei, came
3. m~ee, m~ee, m~ee, me

a student came to me

Tip: 口周りを出来るだけ緩めて
1. n~a, n~a, n~a, nask
2. v~est, v~est, v~est, invest
3. k~uh, k~uh, k~uh, company

and asked me to invest in his company.

 今回のまとめ

子音にたっぷりブレスを絡めよう
そうするだけで根本的に発音が変わる!

・喉奥の空間を広く
・息は常に一定量漏らしながら
・特にストレス子音はしっかり踏み込む

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 451 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.