【誰でも出来る】喉を開くだけで英語の母音はマスター出来る

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー22名が在籍
・発音コンテスト10名の出場者が決定!近日公開

英語母音の区別って難しい?

英語は日本語に比べて、遥かに多くの母音が存在する。

・日本語は5音「ɑ, i, u, e, o」
・英語は基本が11音、その他を合わせると26音とも言われている。

一般的な母音の捉え方 Phonics

  アルファベット発音 フォニックス発音
A ei (aid) a (apple)
E ee (eat) e (end)
I ai (time) i (fit)
O ou (pose) ah (talk)
U oo (food) uh (cut)

日本人が抱える母音発音の問題点

日本語の発声のまま「あいうえお」を基準に英語の母音を発音しようとするので、全く違った響き方をしてしまう。

その結果、fat/father、caught/coatなど基本的な母音の区別がつけられない。

英語の発声は喉奥を響かせる

日本語:あ 「ふぁーざー」
英 語:ah「father」

英語を発音するときは声は日本語よりもずーっと喉奥で響かせなくてはならない。

音声学上の母音カテゴリ

参考:Wiki English vowels

Front vowels

ee〜ee〜ee〜feel
“I feel it.”

e〜e〜e〜end
“We never end.”

a〜a〜a〜apple
“You are the apple of my eye.”

Central vowels

uh↘uh↘uh↘up
“It’s up and running.”

uh↘uh↘uh↘adult
“But only for adults.”

Back vowels

oo〜oo〜oo〜food
“They are out of food.”

oh〜oh〜oh〜open
“But still open.”

ah〜ah〜ah〜odd
“This is odd.”

まとめ

英語の母音は全て
“喉の奥で響く音”

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 520 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.