ある音が弱いと英語は通じない!英語発音で最も重要な「音」とは

Introduction

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・「ドクターDイングリッシュ」の創立者
・生徒数1000名、発音トレーナー18名在籍
・やる気が無い時は何をやっても時間の無駄

弱いと通じない最も重要な「音」とは

これが弱いと伝わらない、
英語で最も重要な「音」はストレス

フレーズ発音においてストレスは、主要な単語のストレスシラブルに置かれる

日本語と英語の発音の違い

♦日本語
一つ一つの音を同じように発音する
イヌヲ ツレテ ツリニ イク

♦英語
ストレスに重心を置いて発音する
I go fishing with my dog

ストレス発音のエクササイズ

ストレスはハッキリ音を伸ばし、それ以外は軽く添える程度に発音します
1,sa sa sa sa
I’m sad to hear that /um SA t’HEEr thut/

2,ta tah ta tah
I talk to myself /u’TAHK tmai SELF/

3,li li li li
Leave me alone. /LEEV mia LOUN/

4,ri li ri li
I’m a realistic person. /uma ria LIS tik PER sun/

5,ma na ma na
Manners maketh man /MA nurs MEIkth MAN/

まとめ

英語はストレス発音
主要な単語にストレスを置いて発音
ストレスは長めに少し声を張る
それ以外は軽く添える程度で発音して
ストレスを際立たせよう

アバター画像
About Dr.D 595 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTuber歴10年以上。趣味はカヤックフィッシングで平均週3で魚釣りをしている。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.