L/Rの効果的な練習方法、鼻が詰まっていると”N発音”がLやDになってしまう理由

dr-d

英語発音トレーナーのDr.Dです。今回は多くの人が難しいと感じている「LとR」の発音についてです。

これらを練習する時に「Luh/Ruh」の様に「uh(ə)」などの母音とセットで練習している人が多いと思いますが、それよりも「子音のみ」で練習したほうが感じが掴みやすいので今回はその方法について書いてみたいと思います。

母音を絡めないL単独の発音

LもRと同様、声を含む子音なので単独で発音しても声が漏れている状態です。舌をTのポジションに置いたまま声を口から息を漏らし発声してみましょう。

ちなみにLと同じポジションで口から漏れる息を止めて鼻から息を漏らしながら発声するとNの発音になります。

ですので鼻が詰まっている時にNを発音するとLやDの発音になってしまいます。これはT/D/N/Lが同じ様なポジションにあるためです。

I don’t need → I don’t lead.
I’m fine → I’m fined

母音を絡めないR単独の発音

Rを単独で発音すると、ただの「う”〜」の様な唸り声になります。喉で鳴らした声を一番下まで落とし、舌を奥に引いて軽く唸ります。

この時、舌の付け根が盛り上がり、上奥歯の内側に格納されているのが一般的です。この舌の盛り上がりによって喉がブロックされてRらしい篭った音が出ます。

それでもうまく音が篭もらない場合は、頬をすぼめてみて下さい。

LとRのポジションを感じる練習方法

LとRの練習は、母音と絡めて練習するとLight/Rightなど、母音が絡んだときの発音の感じしか捉えることが出来ず、Tall/TallerなどL/Rの発音で終わるときの感じが掴みにくい、

なのでそれぞれ単独での音の鳴りの特徴を捉えるとこれら全てがやりやすくなります。

このオーディオの様にL/R単独の発音を英語らしく音を繋げて練習してみましょう。


The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.