シュワ(ə)と呼ばれるあいまい母音を発音するコツ

あいまい母音とは?

英語にはあいまい母音というものが存在します。これはハッキリ発音しなくても良い音として捉えられています。

むしろ何でもハッキリと発音したがる日本人にとっては「ハッキリ発音してはならない母音!」として捉えた方が良いかもしれません。

(ə)以外にもあいまい母音は存在する

この発音、よく辞書などに乗っている発音記号で表すと(ə)ですが、実は英語のあいまい母音はこれだけではありません。

例えばinterestingという単語、ストレスは頭の”i”に乗ります。なのでここの部分は[i]とハッキリ発音されますが、それ以外は全てあいまいに発音されるのが自然です。

辞書で発音を調べると「interesting(íntrəstɪŋ)」と記されています。シュワ母音(ə)の他にも(ɪ)という母音があったりしますが、これらもストレスを置かない限り全てあいまい化します。

あいまい母音に関する動画解説

これについて発音トレーナーの山田聖大が動画で説明していますので是非ご覧ください。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.