日本語はSyllable-timed language(音節言語)で英語はStress-timed language(重点言語)

日本語と英語では発音のリズム感覚がかなり異なります。日本語はSyllable-timed language、すなわち「音節で捉える言語」と言われ、英語はStress-timed language、「重点で捉える言語」と言われます。

日本語のリズム感覚

日本語は「お・で・ん・わ・あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」のようにすべての言葉をひらがな単位の一語一語を同じ強さ同じ長さで均等に発音します。この発音感覚が「音節で捉える言語」と言われる理由です。

英語を発音する時も日本語と同じようにSyllableで捉えて発音すると、「He-llo. Than –kyou-for-cal-ling」と同じ長さの音が均等に発せられます。

このシラブル単位での発音にストレスを乗せていくだけだと、ストレスのある場所が大きく聞こえるだけで、ストレスを中心にしたチャンクが形成されるわけではないので、音は小さくても全ての音が1音ずつきちんと聞こえてきます。

これがカタカナ発音に聞こえる原因です。

英語のリズム感覚

英語はストレスを柱にチャンクが形成されるので、ストレスの置かれているlo , tha, calは強く長めにゆったりと発音しその周りのhel, nkyoufor, ingは母音がリダクションされ子音で形成されているのに近い音になってストレスの柱によりそうような形になり、lo, tha, calを柱にした3つの塊として発音されます。

その時に以下のポイントを押さえます

・ストレスを中心にしたリズムの柱が崩れない様に発音
・ストレスを置いたら脱力とボトムエリアに落としていくことを忘れない
・息をたくさんつかって吐きながら塊は一息で発音
・ストレスが置かれている母音以外の母音が浮き上がってこないように発音
・たくさん息をつかってブレスフローに乗せながら一息で発音するように発音

フレーズ発音では聞いて理解する時に欠かせないような強い意味を持つ単語にストレスを置き、特にその言葉を強調したい時以外は前置詞、冠詞、代名詞などの機能語にはストレスを置きません。

The following two tabs change content below.

Atsuko Kujuro

Atsuko Kujuro

認定発音トレーナー

長崎にて学習塾HORSTを経営。中学生、高校生の受験指導(英・数・理)や大人対象に英会話クラス、TOEIC対策クラスを提供。語学マニアで英語の他に韓国語、インドネシア語、フランス語を多少話すことが出来る。また留学経験ゼロながら英語を流暢に操るまでに成長したモデルケースでもある。

Leave a comment

Your email address will not be published.