Open vowels|英語の母音は共鳴させる位置を変えることで区別する

Open vowelsとは?

今回の動画では日本語で「あ」の母音に相当するOpen vowelsについてお話したいと思います。

英語ではこれらの母音になります。
/ah/ as father, /uh/ as fun, /a/ as fan

この母音に関しては過去に何度もやっているわけですが、やはり英語の母音を捉える上で最も重要な点になってくるので今回改めてお話しようかと思います。

まず「Open vowels」の定義ですが、口の開き具合のことです。

音の開き具合で分ける母音

Close vowels
Front vowelの「ee」、Central vowelの「i」、Back vowelの「oo」
これらは顎が上に上がっているのでくちの幅が狭まっているのでClose。

Mid vowels
Front vowelの「e」、Central vowelの「ə」、Back vowelの「oh」
これらはCloseに比べて少し開いているのでMid。

Open vowels
Front vowelの「a」、Central vowelの「uh」、Back vowelの「ah」
これらはもっと口が開いている母音なのでOpen。

この中でも日本語とかなり程遠い発音をもつOpen vowelsについて今回はお話します。

母音の共鳴ポイントを把握する

まずは声をひびかせる位置をイメージすることが大切です。英語は日本語のような平たい声では表現できません。

(音声は動画参照)
平たい声というとこんな感じ→「こんにちは」
そして英語の声はこんな感じ→「こんにちは」「How are you doing?」

この様にネイティブの声を真似るとわかると思いますが、日本語に比べてかなり深い音が出ていると思います。

では声の共鳴ポイントをさぐっていきたいと思います。
まずはこの様に三角形をイメージします。

まずは「後」で声を共鳴させます。

喉を大きく開いて、声を後方に引くように声を出します。
そうすると音質が変わってくるかと思います。

/ɑ/ /ɔ/ この2つの発音記号はこのひびきです。特にアメリカ発音ではこれらは同じ音で捉えます。

母音エクササイズ

Back vowel

後母音|hot, father, water, talk, caught

「ア」なのか「オ」なのかといった音色ではなく、この響き方がもっとも母音を聞き分ける上で重要になります。正直「ア」よりでも「オ」よりでもどちらでも良いです。

Front vowel

今度は「前」で声を共鳴させます。舌の表面を前方に押し出して共鳴を前に作ります。そしてダミ声を出してみて下さい。
「あ」を濁音にするイメージです。「あ”〜」
「æ」この音はおなじみAとEがくっついた発音記号の母音です

前母音|hat, family, wrap, tap, cat

Central vowel

今度は「下」で声を共鳴させます。

この音はこれまでの母音に比べて特に音が短いのが特徴です。
ゲップをするようなイメージでトーンをストンと下へ落としましょう。

「後母音」のahと比べるとこんな感じで違います。(音声は動画参照)ah/uh
「ʌ」この音はおなじみ帽子マークの発音記号の母音です。

下母音:hundred, fun, rub, other, cut

それではこれらの母音をミックスして練習してみましょう。
まずは「後→前」のパターンで音をつなぎます。

(エクササイズは動画参照)
後→前:hah-ha

hot→hat→hot→hat→

前→下:ha-huh
fan→fun→fan→fun→

下→後:huh-hah
hunt→haunt→hunt→haunt→

Dr.D
About Dr.D 547 Articles
発音ディレクター@ドクターDイングリッシュ:Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで「英語の声になれる本」(KADOKAWA出版)の著者。音楽専門学校のボイトレ講師を経て、2011年に英語発音専門スクール|ドクターDイングリッシュを開校。2019年4月現在、生徒数約250名、講師7名のスクールに成長。 ★毎週月木21時YouTube更新

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.