超速い英語 スーツの発音にチャレンジ【前編】

このチャンネルについて

発音で英語のリスニングとスピーキングを飛躍させよう!という目的のもと、このチャンネルは英語学習者向けの発音にフォーカスした内容でお届けしています。

今回のトピック

さて今回取り上げるトピックは海外ドラマSUITSのワンシーンです。

急いでるシーンなので発音が超早くて聞き取りづらいですが、これを発音練習して聞き取れるようになりましょう。といった流れで進めていきたいと思います。

早い英語を聞き取るコツ

では早速今回の練習範囲を聴いて頂きたいと思います。

何度も動画でお話していますが、ネイティブの早い英語は全部の単語を聞き取ろうと思わないことです。

それよりも、ストレスが置かれている単語を中心にピックアップして、後は話の流れで補いながら全体の意味を掴みましょう。

じゃ聴いてみましょうどうぞ!

SUITS Season1より

Rachel, Rachel, Rachel.
I need your help.
There’s a hearing on my subpoena.
I’ve got three cases in front of yours.
So you’re going to have to wait in line.
Wait. No. No. No.
My hearing is tomorrow.
So, why are you coming to me?

発音を徹底解説

それではこの範囲の発音をいつもの様に徹底解説していきます。流れはいつものように、短いフレーズに区切って、シラブルに分解します。そして仕上げにストレスを置いてリズムを付ける。

練習手順

(1)短いフレーズ単位に区切る
(2)シラブルに区切ってつなげる
(3)ストレスを置いてリズムを付ける

Rachel, Rachel, Rachel.
/reich ul x3/
・出だしのRは唸り声から
・最後の /ul/ は曖昧なO

I need your help.
/ai need jur help/
・need yourがJでリンクする
・yourはストレスを置かないので曖昧可

There’s a hearing on my subpoena.
/theirz zuh heer ing ngon mai sup pee nuh/
・hearing onがngでリンクする
・subpoenaの意味は裁判の召喚状

I’ve got three cases in front of yours.
/aiv gaht three keis sez zin frahn duv yorz/
・ front ofはnでリンク /frahn duv/

So you’re going to have to wait in line.
/sou yur go nuh haf tu weit din lain/
・you’re going toは止まらず一気に
・wait in はdでリンクする

Wait. No. No. No.
/weit, nou nou nou/
・waitの最後のtは止める
・Noの母音は「オ」を伸ばすだけじゃなくou

My hearing is tomorrow.
/mai heer ring ngiz tuh mor rou/
・hearのh摩擦しっかり
・hear, morが頭拍のタイミング

So, why are you coming to me?
/sou wai ur yoo kum ming tu mee/
・why are youは止まらず一気に
・comeの母音はストレスは置くが短く曖昧に

ゆっくりのテンポでコピーイング

ここまでスムーズに成り立ったら、今度はコピーイングをやってみましょう。
まずは私がゆっくり発音するので後に続いて発音して下さい。2ずつ繰り返します。

<意識する点>
・ストレスのタイミングとリズムを合わせる
・ワンフレーズは一息で発音する

ドラマのセリフをコピーイング

ここまで出来たら、次は実際にドラマのセリフをコピーイングしてみましょう。

次週もSUITSのセリフで練習します。ここまで練習していかがでしょうか?最初に聞いたときよりもだいぶ発音が把握できたんじゃないでしょうか?

結局こういった練習の積み重ねがリスニングやスピーキング力の底上げにつながるので、是非何度もチャレンジして頂きたいと思います。

やればやるほど上達するし、練習が楽になってくると思います。

それでは今回の動画はここまでです。次回の動画は、今回の練習範囲のつづきをやりたいと思いますので、2週に渡ってネイティブの超早い発音の練習に取り組んで頂ければと思います。

ポッドキャスト始めました

またSpotifyでPodcastの番組も始めていますので、そちらも是非チェックして頂ければと思います。「英語声」もしくは「Dr.D」で検索すれば出てきます。

ポッドキャストの方では、YouTubeに付いたコメントにもお答えしていますので、是非こちらの動画にコメントもお寄せ下さい。質問形式のコメントには、ほぼ全てお答えしていくと思います。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Dr.D
About Dr.D 369 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.