【結論】どうやったら最短で英語が話せるようになるのか

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・「ドクターDイングリッシュ」の創立者
・生徒数1000名、発音トレーナー18名在籍
・釣りにハマってから料理も趣味になりました

英語が話せる状態とは?

・仕事上、不自由なく会話が成り立つ
・電話の問い合わせが出来る
・英語でアテンドが出来る

洋画が理解できるかとはちょっと違う
TOEICや英検のスコアともちょっと違う
重要なのは意思疎通のスムーズさ

意思疎通に重要なスキルとは?

①リスニング
・トピック関連のボキャブラリ
・最低限の文法知識や慣用句
– 文法:I did, I will do, I’ve done, I should’ve done..
– 基本動詞系:go, get, take, put, haveなどの活用
・実際の発音(フレーズ単位)

②スピーキング
・リスニングに必要な全てのスキル
・相手に伝わる発音力
・聞き返す術
(一発で全て理解する必要はなく、不明な点は会話しながら明確にする、You mean ~?)

英会話習得の最短ルートは?

①コピーイング・リピーティング
自分に必要なトピックの動画をひたすら真似る

②発音
全然音が掴めなかったら発音を一から学ぶ

③文法やボキャブラリ
コピーイングで分からなかった表現を学ぶ

■参考動画

①コピーイング
【究極の英語上達法】コピーイングは中級者にとってシャドーイングよりも効果的
https://youtu.be/OFMf3C_k5_4

②発音を一から学ぶ
【英会話始め方】喉奥の「発声」で通じる英語が話せるようになる
https://youtu.be/lm_ilqqqAgs

③ 文法やボキャブラリ
日本人がやりがちな非実用的な英文法の覚え方
https://youtu.be/6GQUd4Inhyw

どの位の期間やるべき?

最低でも1年間は1日平均1〜2時間費やす。
この位はコミットしないと余程のセンスの持ち主でもない限り、何の形も残らないでしょう。

アバター画像
About Dr.D 590 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTuber歴10年以上。趣味はカヤックフィッシングで平均週3で魚釣りをしている。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.